月経前症候群の不快さを改善【病院で受けられる専門治療】

女性の医者

辛さも努力で軽減出来る

座る女性

不快感を和らげられる

月経前症候群とは月経開始の一週間か二週間前から起こる不快な症状の事です。身体に出る症状としては下腹部痛や便秘、乳房の張りや痛みなどがあります。疲れ易くなる傾向もあります。また精神面でもイライラしたり無気力になったりと不安定になり易いです。肌に吹き出物が出る事も多くなります。しかし月経開始と共にこれらの症状は消えます。月経前の限られた期間のみに起こるので月経前症候群と呼ばれます。月経の周期に合わせて症状が出たり消えたりするのですが、必ずしも毎月起こるとも限りません。正確な原因は特定されてはいません。ただ起こる時期から判断すると女性ホルモンが大きな影響を与えていると考えられます。排卵のリズムがある女性の場合、排卵後から月経までの黄体期と言われる期間があります。この黄体期に卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンが多く分泌されます。黄体期の後半にこれらのホルモンは急激に低下します。低下して脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こす事が月経前症候群の原因とされています。しかしホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響も受けます。従って月経前症候群はホルモンの低下以外にも起こる要因があると考えられます。要因がいくつかあるのなら自分で症状を和らげる対策もあるかもしれません。

自分で出来る事がある

まず月経前症候群は女性なら起こる可能性があると認識する事から始めてみます。そして症状があればノートなどに書き留めてみると良いです。何か月か続ければ時期や症状も分かりますし病院に行くとしても相談し易くなります。月経前症候群なのか一時的疲れなのかの診断にも役立つでしょう。日常生活では食生活も重要です。不規則で高カロリーな食事を取っている人はその見直しが必要です。日本の伝統食である和食は栄養バランスも良くおすすめです。糖分や塩分、カフェインの取り過ぎは良くありません。またアルコールや加工食品もあまり取らない方が無難です。主食は精製されていない物の方が良いですから玄米やそばなどが白米より適しています。大豆製品はホルモンバランスを整えてくれますので毎日の食事に取り入れると良いでしょう。ストレスをためないようにする事も重要です。ストレスは月経前症候群の症状を悪化させる大きな原因となります。趣味などで気分転換も大切ですし、適度な運動で身体を動かす事もストレスに良い影響を与えます。女性ホルモンの働きを良くしてくれるツボのマッサージも効果的です。女性である以上月経は必要なものです。しかし不快な症状は出来るだけ避けたいと思います。自分の生活を見直す事で症状が緩和されるのなら是非やってみるべきです。