月経前症候群の不快さを改善【病院で受けられる専門治療】

女性の医者

月経に伴う症状

笑顔の女性

精神的な症状が見られます

ストレスの多い現代生活の中では、イライラや不安感などが生じやすくなります。このような症状があると、単なるストレス性疾患と認識してしまうのが常です。ですが、女性に限って言えば月経前症候群の可能性もあります。月経前症候群では、下腹部痛や頭痛といった身体的な症状の他に、様々な精神的なトラブルが生じるのが特徴です。ですので、心の不安定さが感じられたら一度月経周期を確認してみることが一つの方法となります。月経前症候群で生じる精神的な症状は、心療内科などを利用して解決することも可能です。このような診療科では、適切なホルモン治療や心理療法を受けることが出来ます。月経前症候群は月経のサイクルと合わせて現れてくるのが一般的であり、何度か経験しているうちにある程度危険な時期が分かります。余計な不安がなくなることが、専門医の診療を受けることで得られるメリットです。ホルモンバランスは、実の所心の働きにも大きな影響を与えています。ですので、月経前には原因不明の気分の落ち込みなどが起こることも一つの問題です。様々なストレスを抱えている状態の場合は、さらに問題は深刻化します。月経が始まると同時に少しずつ気分が改善していくのが、月経前症候群です。

基礎体温をつけましょう

月経前症候群は、自分の体のリズムを把握することで予め予測がつくようになります。女性の体は、2種類の女性ホルモンが交互に優勢になるのが一般的です。こういったホルモンの変動をチェック出来るのが、基礎体温の測定と言えます。基礎体温は数カ月程度の間で生じる体温の変化を元に、月経のサイクルを記録する方法です。産婦人科ではポピュラーなアプローチ法の一つとなっており、症状を診断する際の大きな手掛かりとなっています。内科的な病気にも詳しい心療内科医の診察を受ける場合にも、この手の基礎体温表を持参すれば診断もスムーズです。自分の体のリズムを知ることで、生活の中で工夫をすることが容易になります。特定の食事や生活面の問題は、月経前症候群を悪化させる要因です。従って、特に過敏になりやすい時期には、日常生活にも気を配ることが月経前症候群の症状を軽くするコツとなります。甘いものやカフェイン飲料の摂り過ぎは、月経前症候群の症状にはマイナスです。基礎体温表に毎月の月経前症候群の症状を記載しておけば、時期的な生活の注意点も徐々に見えてきます。ホルモンの変化と精神的な症状が連動していることを、このような方法で掴んでおくことが大切です。