月経前症候群の不快さを改善【病院で受けられる専門治療】

女性の医者

月経前の症状と生活リズム

医者

心と体に不調が起きる

月経前に、「なんだかイライラする」「食欲が止まらない」などと感じる人は多いのではないでしょうか。実はこれらの症状は、月経前症候群なのです。月経前症候群はPMS(Premenstrual syndrome)とも呼ばれています。月経の3〜10日前から心や体の不調が続き、月経が来ると症状が弱まって、やがて消えていきます。多くの女性が月経前症候群のなんらかの症状を抱えていると言われていますが、まだ認知度は低く自覚している人が少ないのが現状です。月経前症候群の不快な症状はなんと200種類以上もあると言われています。心の症状としては、イライラする、泣きたくなる、ぼーっとする、憂鬱になるなど。体の症状では、眠くなる、動悸がする、頭痛、肩こり、胸のハリなどが挙げられます。これらの症状は人によって違うのはもちろん、同じ人でも月によって異なります。どうして不快な症状が起こるのか、その原因はまだはっきりとはしていませんが、女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の急激な変動に深い関わりがあると考えられています。ではどうして人によって症状の重さが違うのでしょうか。それはその人の生活と関係があります。まず1つ目にストレスです。急激な環境の変化などによってストレスが溜まると、症状は重くなると言われています。なので、症状が重くなってしまう前に、心療内科や精神科への受診をオススメします。また、2つ目はその人の考え方や性格で、真面目で責任感が強い人ほど症状が出やすくなります。3つ目に自律神経の乱れです。生活リズムが崩れると、自律神経やホルモンに影響し体に不調をもたらします。そして最後に、食生活です。偏った食事やお酒の飲み過ぎは体力を低下させ、症状が重くなる原因になります。

症状を緩和するには

月経前症候群になったら、どうすれば良いのでしょうか。月経前はやる気が低下してしまったり、身体がだるくなってしまいがちですが、先程も述べたように症状の重さと普段の生活には密接な関わりがあります。まずは自分自身の生活を見直してみましょう。規則正しい生活は送れているか、体を冷やしていないか、食事はバランスよく摂っているか、ストレスを溜めないように発散しているか...色々なことが思い浮かぶと思います。これらは、月経前症候群になってからではなく普段から気をつけることによって症状の緩和に繋がります。例えば、疲れた時は無理をせず休み、悩みを友達に聞いてもらうなどして、ストレスを溜めずに月経前を迎えることが大切になります。特に食生活は心身に大きな影響を及ぼすため、暴飲暴食は避けバランスのとれた食事を摂取しましょう。食事はできるだけ決まった時間に摂ることをオススメします。それによって、体が生活のリズムを覚え自律神経が整いやすくなるからです。また、体を冷やさないために冷たいものの摂取は控えましょう。冷えは万病のもとと言われています。温かい食事や入浴、適度な運動をして、ストレスを緩和したり眠りの質を高めることが大切です。生活リズムが整い、心穏やかに過ごすことは、症状の緩和にとても有効です。しかし、これらの対策を行なってもも、中々改善がみられない場合には、医療機関へ受診しましょう。